活動報告

  • 日本箸道協会について
  • イベント情報
  • 活動報告
  • 会員募集
  • お知らせ
  • お問い合わせ
文字サイズ標準大きい

「箸道」活動報告

「華月」様(宇都宮市)で箸道会食術を開催

一般の方向け

今回で3回目となる箸道会食術を「華月」(栃木県宇都宮市)で開催しました。

数日前の大雪で開催に影響が出るかもしれないという心配もありましたが、
多くの方にご参加いただきました。
春の食材を使った本格会席料理をいただきながら、和食の素晴らしさを体験いただきました。

テキストと今回の献立表です。今回はじめてテキストを用意しました。
また、今回は奈良県吉野産赤柾杉の利久箸を使いました。
食事の前に1時間半ほど、そのお箸を水につけ、食事の前に水からだして軽く拭いて
出していただきました。赤杉の香ばしさが食事をさらにおいしくしました。

写真は、前菜。
広島産牡蠣の柚子味噌焼き
小角金目鯛西京焼き
自家製カラスミと赤大根

また、メレンゲが雪のように盛り付けられていて、季節感を感じました。

華月の武藤忠料理長から、本日の料理についての説明。
旬の食材、走りの食材、名残りの食材、料理方法、美味しいいただき方などをご紹介いただきました。

右下にあるのが、ずわい蟹梅花揚げ。まるで梅の花のように見えます。
上部は、旬の走りのホッケの霰揚げ(あられあげ)。そして、左下は今が旬のブロッコリーです。

水菓子は地元栃木のとちおとめを使ったイチゴのレアチーズケーキとブラッドオレンジシャーベット。
あー、おいしかった。
ごちそうさまでした。

2014.02.20 | 一般の方向け

一覧へ戻る

私たちは「箸道」の活動を応援しています。

EURO RSCG TOKYO

なだ万

箸久

マルシェ株式会社

株式会社奴寿司

食と生活ラボ

このページのトップへ